日記

新幹線新駅

栗東市に建設予定であった、新幹線新駅の中止が決定的な状況となりました。

昨年の、知事選挙で示された民意、

昨秋の、栗東市長選挙で示された民意、

今春の、県議会議員選挙で示された民意、

これらに関連して、今夏の参議院議員選挙で示された民意、

選挙での意思表示では無いものの、巷で語られる民意、

様々な民意があり、

また「司法」という国家権力が示した「判断」がある中で

流れとしては、この方向に向かっていたのですが、

それでも、絶対多数が、支持していた流れではなく、

別の流れを支持している方もおられるわけで。

その意味で、

当事者の「合意」による解決が望まれてきたのですが、

その「合意」に達することが困難な状況になり。


企業にいた頃、

師である、H氏がよく語っていた

「ザイアンスの法則」

1.人は知らない人には、攻撃的、批判的、冷淡に対応する。

2.人は会えば会うほど好意を持つ。

3.人は相手の人間的側面を知ったときに好意を持つ。


全く関心の無い方に、営業的アプローチをかける際、大いに参考になったわけですが、

4月の当事者による覚書の締結以降、

今月末までの時間がある中で、

単純な接触回数を増やすことを始めとして、彼我の思いの差を縮める努力がなされるべきだったのでは。

川を歩き、集落を歩き、

そこに生きる人達と、生の言葉で語ってこられたのが知事就任以前の嘉田スタイル。

来月以降の次のステップにおいては、

知事は、もっと「自分らしさ」を出して、地元地権者さん達との「対話」に努めるべきだと思う。
トラックバックURL : https://mokuzawa.exblog.jp/tb/6445531
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ohminohito | 2007-10-25 23:55 | 日記 | Trackback

遠い昔は日本の都、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が駆け、松尾芭蕉、白洲正子、司馬遼太郎が愛した日本の真ん中、おうみの国(滋賀県)より日々思うことを書いています。滋賀県議会議員 木沢成人


by ohminohito
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30