滋賀県議会

滋賀の教育

「おねがい ゆるして」と、覚えたてのひらがなでメモをびっしり書いた結愛ちゃんは、5歳にしては本当に「たくましく」(すぎる)、生き、結果、亡くなってしまったわけですが、情けない親を見ていると、広く「大人」が「子ども」を教育するってどういうことなのかを考えさせられます。

本県では、知事選挙がいよいよ投票日を迎えました。6月5日には、三日月知事の選挙前最後の公務となる本年度「第2回滋賀県総合教育会議」を傍聴。

d0095954_11483112.jpg
d0095954_11484728.jpg

資料に記載のある通り、ここでも「たくましく」ということばの意味や意義、このことばが孕んでいる問題点等についても熱心に議論がかわされたところです。「たくましく」生きるってどういうこと?そう生きられない子もたくさんいるのでは?ことばの持つ二面性を確りとらえるべきでは?ことばが先行しすぎると現場が混乱するのでは?等々。

どんなことがあっても、どんなひどい親であっても、パパ、ママに好かれたい、悪者にしたくないと、結愛ちゃんは「自分が悪いからだめなんだ」と健気にたくましく生きてしまった。香川県在住時代には、そんな中でも周りの人に見せた「弱さ」をサインとして感じ取り、多くの大人が動いていてくれたのですが。東京は乾いた街ですね。。。


「たくましく」生きる意味、県政でも熟考していきたいと思います。


トラックバックURL : https://mokuzawa.exblog.jp/tb/26936650
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ohminohito | 2018-06-24 11:53 | 滋賀県議会 | Trackback

遠い昔は日本の都、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が駆け、松尾芭蕉、白洲正子、司馬遼太郎が愛した日本の真ん中、おうみの国(滋賀県)より日々思うことを書いています。滋賀県議会議員 木沢成人


by ohminohito
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30