滋賀県議会

はたらキッズ

出張等も重なり、しばらく更新できておりませんでした。すみません。

さて、

嘉田県政二期目においては、「人づくり」の部分で、「職業教育」に力点が置かれております。

去る、11月3日には、

地元の東近江市八日市地区において東近江市青年会議所主催の「第34回二五八祭」が開催されましたが、

その中で、子ども達を対象にした「はたらキッズパーク」という職業体験のブースを仲間のJCメンバーと共に運営をしました。

働いている自分のお父さんや、お母さんの職場を訪問、あるいは仕事の体験をする機会はあるのかもしれませんが、異業種となるとなかなか参加の機会もありません。

都会でも「キッザニア」という職業体験テーマパークが人気だということですが、

本年の催しはそのローカル版。

花屋に、大工さん、左官屋さんに、畳屋さん、お菓子屋さん、ネイル屋さん、また、ケーブルテレビ・FM放送局、新聞社、自衛隊、銀行、プロバスケットボールチームなどなど、様々な方達にご協力頂いて、ブースを展開。

女の子に人気だったのは、花屋さんのフラワーアレンジメント。
予約満杯後も、追加の申し込みが数多くあり、花屋さんの協力で追加人数を増やすことに

d0095954_22293916.jpg


男女ともそこそこ人気で、眼差しが真剣だったのは大工さん

d0095954_22321558.jpg


普段使ったことのない
d0095954_22373739.jpg
のこぎりを手に女の子も奮闘



これぞ、プロの技を真剣に習得しようとしていたのは、「銀行」ブースでのお札数え。

d0095954_22334215.jpg


左官屋さんのコテも使ってみると意外に楽しい。

d0095954_22405545.jpg


それぞれの職場を体験した子ども達は、

お給料として

「100おうみ」なる紙幣をもらいます。

この紙幣は、このブース内のお菓子屋さんと射的屋さんのみで使えるのですが、

労働の喜びを少しでも感じてもらえたと思います。

私は、主に受付担当でしたが、

整理カードを返却にくる子ども達の多くが

「楽しかった」

と口にしていたのが、JCメンバー共々の喜びでありました。


「仕事が楽しみなら人生は幸福だ」

ゴーリキー先生のコトバを思い出す一日でもありました。
トラックバックURL : https://mokuzawa.exblog.jp/tb/12257867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ohminohito | 2010-11-12 22:15 | 滋賀県議会 | Trackback

遠い昔は日本の都、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が駆け、松尾芭蕉、白洲正子、司馬遼太郎が愛した日本の真ん中、おうみの国(滋賀県)より日々思うことを書いています。滋賀県議会議員 木沢成人


by ohminohito
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30