滋賀県議会

RD問題

昨晩は、栗東市内で行われたRDエンジニアリング最終処分場問題に係る住民説明会に出席。

県が新年度に行う有害物調査については、その内容について質問、要望が周辺自治会から出ており、当初県が目指していた、3月末までの住民側との合意が遅れているところであります。

新年度、県は琵琶湖環境部長を始め、この問題の担当メンバーが大幅に変更になったので、
昨日は、自己紹介も含めてのスタートでありました。

説明についても、

技術的にわかりにくい部分については、模型を使って説明するなど、今までよりはより丁寧にという姿勢が伺えました。

d0095954_071531.jpg


住民要望に対する回答という意味では、

当初昨年度示したものよりは、要望を盛り込んだ形での再提案となっており、

私個人としては、

時間の関係からも、

まずは、調査を早い時期にスタートさせるべきだと思っております。

また

「リスク」やその対向概念としての「安心」については

その尺度が非常に難しいですが、

何らかの

「基準」=モノサシを使わない限り、

観念的、主観的になり、

公金を使うという意味では、

これまた難しいと常々考えております。

何事も

「タダ」

ではできないので。
トラックバックURL : https://mokuzawa.exblog.jp/tb/10993649
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ohminohito | 2010-04-21 23:39 | 滋賀県議会 | Trackback

遠い昔は日本の都、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が駆け、松尾芭蕉、白洲正子、司馬遼太郎が愛した日本の真ん中、おうみの国(滋賀県)より日々思うことを書いています。滋賀県議会議員 木沢成人


by ohminohito
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30