滋賀県議会

予算特別委員会分科会

この、木曜、金曜日の両日で、予算特別委員会の分科会が開催されました。

初日の木曜日は、教育委員会所管予算を審査。

高等学校の耐震改修に関し、

日々アップグレードされる、耐震改修工法等の情報収集、検討を如何に行っているのかという点と、

先日、全体質疑で質問をした、

おうみ若者マイスターの認定事業に関し、

教育委員会側として、この「匠づくり」の事業にどのように連携しているのかの二点について質問をしました。

耐震改修については、

建築課より派遣の技監により日々情報収集に努めているとのことでしたが、

若者マイスターに関しては、

「特に工業高校等で、マイスターを育てるというようなことはしておりません」

という??な回答が。

もちろん、カリキュラムとしてはその通りなのですが、商工観光労働部の「匠づくり」の施策について、

どのように人材の供給サイド(つまり学校として)として連携しているのか?(要するに気概はどうなんですか?)ということを聞きたかったわけで、

まあ他の場面でもそうなんですが、

それぞれの部署としては部分最適かもしれませんが、

それを一つ一つ紡いだときの、全体としての服のイメージ、

つまり「全体最適」とは如何にあるべきか

というところが、縦割り組織だと思考として抜けてしまうんです・・・

なかなか、この会社は難しい。

二日目の金曜日は、

警察予算に関し、緊急雇用対策で行う、外国人青年支援事業について質問しました。


来週は、本年度予算の追加補正予算案の審議、

そして特別委員会など、終盤に向けて、また忙しい日々です。
トラックバックURL : https://mokuzawa.exblog.jp/tb/10865173
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ohminohito | 2010-03-14 23:52 | 滋賀県議会 | Trackback

遠い昔は日本の都、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が駆け、松尾芭蕉、白洲正子、司馬遼太郎が愛した日本の真ん中、おうみの国(滋賀県)より日々思うことを書いています。滋賀県議会議員 木沢成人


by ohminohito
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30