滋賀県議会

入園式

地元の保育園の入園式に来賓として出席。

ついこの前、卒園式にもご招待頂いたのですが、一転本日はゼロ歳児の入園児もたくさんいらっしゃるので、にぎやかな式でした。

この保育園、私も約30年程前に卒園しておりまして、その時お世話になった先生が、まだ顧問としてご活躍されているのは本当に驚きですが、先生のお顔を拝見すると、懐かしいシーンが頭によみがえってきます。

それにしても、

ちびっ子達の元気なこと。

保育園の園歌も本当に元気よく、楽しそうに歌ってくれます。

今日はこちらも一緒に、

「た~のしい~♪ た~のしい~♪ ほいく~えん~♪」

と歌ってきました。


私立の保育園で、今は旧の町立幼稚園の園舎を利用されていますが、私が通っていた旧園舎と比べても、人数もクラスも増え、当然ながら先生、職員の数も増え、本当に子どもの「聖地」となってる感じです。 児童数も200人弱と、なかなかのスケールです。

子どもが少なくて寂しいよりは、あれくらいの活気がある方が預ける保護者の方としても安心ななのでは。


ともあれ

議員になって、

こういう、卒業式、入学式などにお招き頂くことが多いのですが、

未来を見つめるセレモニーは

自分自身もポジティブになれて、いいですね。
Commented by じじぱんだ at 2008-06-14 19:55 x
ハツラツ通信を受け取りました。どうもありがとうございます。
RD社の参拝問題に関心を持っていますが、栗東市の対応には
疑問がありますが、産廃をどう処理するのかが、最大のテーマですよね。膨大な資料に取り組んでおられる議院の姿に拍手です。
頑張ってください。
by ohminohito | 2008-04-05 23:54 | 滋賀県議会 | Comments(1)

遠い昔は日本の都、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が駆け、松尾芭蕉、白洲正子、司馬遼太郎が愛した日本の真ん中、おうみの国(滋賀県)より日々思うことを書いています。滋賀県議会議員 木沢成人


by ohminohito
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31