滋賀県議会

現場を歩く

7月18日は、朝から、県東近江市土木事務所河川砂防課担当者、蒲生地区まち協関係者と共に、一級河川佐久良川の現場視察。

先般、河川愛護活動で知事表彰を頂いたように、草刈りは一定行っているものの、流石に堆積した土砂については、住民パワーで何とも致しがたく。

d0095954_23202968.jpg

上の写真も、奥は対岸ではなく、河道内に堆積し、中洲のようになった土砂。この上に、柳はじめ、木々が繁茂し、普通の草刈機では伐採できない状態です。

流路が固定されてきている中で、左右の堤防に水が当たる部分も固定化し、その部分が弱くなってきているのではないかという心配が、地域住民や市役所職員から上がってきております。

最近は、グーグルマップなどの衛星写真を土木の技術職員も活用されているようですが、本日は、実際の目で複数のポイントを確認されて、衛星写真ではなかなかわからなかった部分が明らかになったようでありました。

d0095954_23210806.jpg
d0095954_23212809.jpg
d0095954_23220465.jpg
私も消防団員として、大雨時には水防出動を何度もしておりますが、リアルな体験を、河川管理者の皆さんとも、より共有していく事が大切であると、昨今の水害事案を見ていてあらためて感じるところです。

by ohminohito | 2017-07-21 23:22 | 滋賀県議会 | Comments(0)

遠い昔は日本の都、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が駆け、松尾芭蕉、白洲正子、司馬遼太郎が愛した日本の真ん中、おうみの国(滋賀県)より日々思うことを書いています。滋賀県議会議員 木沢成人


by ohminohito
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31