滋賀県議会

共に生きる

11月5日は、滋賀県長寿社会福祉センターで開催された「共に生きよう堂々と生きよう~障害者差別禁止条例を滋賀県にも~」に県議会 良知会代表として、他の3会派と共に来賓出席。

d0095954_23131783.jpg


この春に「障害者差別解消法」が施行されましたが、法では「何が差別なのか」の定義が明確でないことや、差別が起こったときの救済の仕組がないことなど課題が指摘され、これらの課題を条例で補完することが求められています。

滋賀県では県議会での議論を受けて、知事部局のもとで、現在、条例制定に向けての検討がなされているところですが、当日は、本県にお住まいの久保厚子(全国手をつなぐ育成会連合会会長)さんらをシンポジストとして、先の津久井やまゆり園での大量殺傷事件に関する問題点や、法施行半年を受けての課題等について参加者で議論を深め、課題共有をお行いました。

d0095954_23142284.jpg


久保さんの、
「振り返ると、障害者の子どもを持つ私でさえ、他の障害をもつお子さんと我が子を比較してしまうようなことは度々あった。うちの子の方がまだましだとか。まして、一般の方の心の奥底に障害者に対する差別意識があるのは当然といえば当然。そういう意識をもちつつも、それを乗り越える『思いやり』の心をどれだけ社会全体で持てるかということが問われている」
という言葉が特に印象に残りました。

我が身を振り返りつつ、
どう、皆さんの期待に応え、より良い社会をつくれるか。
県議会でも会派連携のもとに、一丸となって取組を進めて参りたいと思います。
by ohminohito | 2016-11-20 23:14 | 滋賀県議会 | Comments(0)

遠い昔は日本の都、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が駆け、松尾芭蕉、白洲正子、司馬遼太郎が愛した日本の真ん中、おうみの国(滋賀県)より日々思うことを書いています。滋賀県議会議員 木沢成人


by ohminohito
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30