滋賀県議会

良知会活動報告会

8月6日、戦後70年目の「原爆の日」を迎えました。

そんな中、

先月の7月22日、23日、29日の三日間に渡り、高島市、大津市、東近江市の三会場にて、県議会会派「良知会」の活動報告会を実施。

d0095954_72047.jpg


私からは、

先の6月議会一般質問で取り上げた「がん対策」と「滋賀県平和祈念館に係る諸課題」についてと、併せて、平和への思いを語らせて頂きました。

d0095954_7213938.jpg


どの会場も、

当初予定していた人数を大幅に超える盛況ぶり。

d0095954_7223056.jpg


我々三人の報告の後は、県政課題全般についての質疑応答、意見交換を実施し、有意義なひと時となりました。

d0095954_7232962.jpg


d0095954_7234532.jpg


これからも、県民密着型の県議会会派として、地道な活動を進めて参ります。
Commented by てらだ at 2015-08-09 18:23 x
はじめてコメント致します。

もし、お時間があれば、滋賀四区武藤貴也議員について、
思うところを述べていただければ有り難いです。
Commented by ohminohito at 2015-08-21 00:12
てらだ様

コメントありがとうございます。先般のツイッターでの発言に続き、新たな金銭スキャンダルが発覚した武藤議員ですが、まず、国会議員として十分に説明責任を果たしてもらいたいと思っております。先のツイッターでの発言内容や彼の思想信条の部分については、私は立場を異に致しておりますが、彼の発言の「自由」、またそれに対する批判や非難の「自由」というもの、これは一般に保障されているのかと。一方、今回の金銭スキャンダルの部分については、様々な論点が含まれており、彼が現在、個人のフェイスブックで記載している部分は、一部の論点に対する弁明のみでありますので、その意味でもまずはしっかり説明をするべきかと。あと、個人の問題としては、社会経験が少ないまま、いきなり国会議員に当選してしまったという所にやはり問題があるのかと思います。どんな人でも、世間の中で、鍛えられる、得られる経験値というものがあるかと思いますが、その経験を積む機会に恵まれなかったことは本人にとっては不幸だったのかもしれません。
by ohminohito | 2015-08-06 07:25 | 滋賀県議会 | Comments(2)

遠い昔は日本の都、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が駆け、松尾芭蕉、白洲正子、司馬遼太郎が愛した日本の真ん中、おうみの国(滋賀県)より日々思うことを書いています。滋賀県議会議員 木沢成人


by ohminohito
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30